病院のユニバーサルデザイン
2016 / 08 / 03 ( Wed )


私が隔月お世話になっている歯医者さんの治療室へと向かう廊下です。ドアで待合室と別れています。それにしても縦長なドアです。
幅が80cmあるでしょうか。医院でこれです。駐車場こそ目の前に完備してますが、バリアがあります。健常だと気が付かないんですね。でも、だんだん改善されては来ました。半年前には、入り口に框がありました。カマチです。今はスロープになりました。でも、通路までは改善出来ないですよね。アメリカなら、法律的に訴えられるでしょう。公的な施設に明らかなバリアがあると、アウトです。日本も建前では似ていますがね。実質では差があります。店舗の通路幅も日本では、消防法で定められています。私の若い頃は90cmでした。今では120cmのようです。180cm幅が推奨されているようですが。根拠は車椅子が歩行者とすれ違えるか、推奨は車椅子同士がすれ違える、と言う事になっているようです。日本ではまず、無理でしょうか。
スポンサーサイト
21 : 29 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<温度センサー | ホーム | ユニバーサルデザイン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2524-3e26c7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |