ETCの減免処置
2016 / 03 / 11 ( Fri )
久し振りに市役所へ行ってきた。ETCの割引期間が経過したので、追加を申請しに行ったのだ。身障者は有料道路が半額で利用できる。都度、身障者手帳を窓口に見せて確認してもらい、半額を払うが申請することでETCカードを使っても自動的に同様の処置がとられる。有料道路など、それほど頻繁に使う機会があるわけでもないが、ETCは便利だ。気分転換も兼ねて、市役所まで連れて行ってもらった。2年ごとに、この処置をするように手紙が来る。先が知れているので、いっそのこと無期限にして手数料の軽減に寄与したらと思うのだが、あちらの都合もあるらしい。
有効期限は何にでもあり、厄介だが必然的理由は存在するのだろうか。勿論”無期限”なんてのも無責任極まりない。しかし米国など見ると、その期間は日本の倍以上はあり、合理的だと感じる。
役人の食扶持確保のために稼いでいる訳ではないので、免許制度と有効期限の問題は根拠を見つけて透明度を確保してもらいたい。
米国しか知りませんが、免許制度におけるシニアやボランティアの使い方など見習ったら公費は幾らでも浮いてくるように思う。
スポンサーサイト
16 : 08 : 53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<歯医者の日 | ホーム | バイタルのグラフ化>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2475-b26640b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |