CQ誌
2015 / 04 / 04 ( Sat )


今月号には手が出てしまった。苦労して交信出来たナバッサが表紙だし本文でも大きく扱われているらしい。久しぶりのCQ誌だし、いいだろう。でAmazonでプチした。3月下旬のことだ。思った通りあちこちでナバッサの記事は目にした。狙い通りだった。他にたいして目を引く記事もなく、毎年繰り返すことの焼き直し、と言った感じ。雑誌の体裁も半世紀変化がない。これで出版が続けられるのも、読者が無線従事者という縛りと、一誌独占の特殊な世界だからだろう。しかし、これほど読者が激減中の雑誌も珍しいのでは、と案じてしまう。PCの世界でも老舗の週刊誌が5月で休刊になるという。実質廃刊だろう。CQ誌と、JARLも同じ運命を辿らないといいが。
スポンサーサイト
05 : 03 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<サーモスの0,48Lタンブラー | ホーム | 当たり!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2332-512c16a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |