衣かつぎ Ⅱ
2014 / 10 / 21 ( Tue )


お友達が私が買った里芋が余りに無様な大きさで、衣かつぎに相応しく無い物だったので哀れみを誘ったらしく、早速届けてくれました。里芋イーターの私にも解っていたのですが、近所の八百屋には手頃なものは無く、高い値段でちょっと大きめのものを買ってきたというわけです。しかし、味は良かったですよ。家族に嫌われているのをこれ幸いと、独り占めさせていただきました。今回も同様です。茹でたのか蒸したのか聞くのを忘れましたが、前回の茹ですぎを反省してか絶妙の加減です。お友達の指示で今回は醤油で頂きました。うーん、塩が良いかな。でも大変美味しく頂きました。子供の頃は里芋は嫌いで、どう料理しても食べられなかったのが不思議です。今は煮物でも大好物の一品で、特にイカと煮たものが好きですね。里芋を煮るのに独特のぬめりを落としてしまう、上品な食べ方もあるようですが、私はそのままでつるつる滑ってお箸で格闘しながら頂く方が好きです。そうそう、イカも皮をむいてから煮て食べる方が多いようですが、私は皮付きで煮てもらいます。刺身以外はそうですね。
スポンサーサイト
18 : 52 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<麦とホップ | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2228-480542e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |