インダストリアル農業
2014 / 10 / 15 ( Wed )
インダストリアル農業とは、旧来の農業の工業化のことらしい。一概に旧来の農業を否定は出来ないと思う。しかし日本の農業が非効率的であることも事実。政策的に保護されてきたこともまた事実。競争に晒されず、非効率の世界であぐらをかいてきた。生産者には言い分があるだろうが、民間企業で熾烈な競争に身を置いてきた私にとっては、改善の余地を感じてしまう。インダストリアルの方向に進めば、失業者も半端な数では済まないだろう。しかし既存の社会では解雇、失業など頻繁に起こっていることだ。農業はまだ進む道も数多く残されている。やり方さえ考えれば、新しい農業が出来る道は多い。未開拓分野といえる。大手の民間企業が農業に参画すると25%は効率が上げられると言われているが、それは初年度か、それ程先の話では無いだろう。将来を見据えれば50%とか、それ以上に効率を上げられるのでは。効率が上がるにつれ、人は不要になるので、失業問題は大きくなるが、食糧自給率は改善していくだろう。水産業にも同じことはいえるかもしれない。ここで言えるのは人と同じことをやっていると、いずれ世の中不況だ、と言うようになってしまうということ。独自のノウハウを積み上げないと。二毛作なら年に二度もチャンスは巡ってくる。5年もあれば根底的に改善できる世界だ。羨ましいのはお百姓さんだ
スポンサーサイト
22 : 15 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<無線免許更新 | ホーム | iPhoneプラス購入>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2224-1a4f9785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |