梅干の土用干し
2014 / 07 / 25 ( Fri )


梅干を土用干しから取り込んだ。二度目の土用干しで、初回よりは大分少ない量だ。ざるが余裕で使えている。このざるは今回から採用したもので、去年は竹籠を使ったが、今年の量では並びきらない。このプラスチックの籠も二つ使った。一度目の土用干しは一籠当たりもこの倍以上並べてやっとどうにか干しきった。虫が付かないように、細かい目の網もかぶせてある。この梅も数回は箸で丁重にひっくり返して満遍なく日を当てているのだ。しかし土用干しの根拠は科学的には見つからないと言うことだ。発色は良くなるが、、。来年は土用干しをしないものも作って味比べをしてみよう。案外変わらないものが出来たりして。こういった食材は言い伝え通りの方法で作られていて、案外プロの梅干の作り手はとっくに合理的な方法を採用していたりする。干し上がった所で一つ試食させていただいた。まだ塩気が荒々しくて完成には遠い味でした。塩と紫蘇だけで漬けています。塩分濃度は18%と、市販のものより辛いでしょう。梅は梅干に最適と言われる、小田原産の十郎梅を使っています。南高梅より高級で果肉が厚く、種が小さめです。丁度今」雷雨が降り始めました。取り込んでおいて、大正解です。
スポンサーサイト
00 : 00 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<FT5ZM | ホーム | タイトルなし>>
コメント
--美味しそうですね?--

私は、自分で梅干しつくったことありませんので上手くコメントできませんが、本格的な出来上がりのようで楽しみですね?

以前の記事で、買われた梅の量が半端ではなかったので気にしてましたが、干したりするとかなりシボミますのでそこそこの量になるのですかね?

完成後のレポートを楽しみにしています。

猛暑が続きます。ご自愛のうえ(梅干しパワーで)元気にお過ごしください。
by: JA1HMK/杉RON * 2014/07/25 07:37 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2178-f6e5d333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |