インターネットの終わり(Ⅱ)
2014 / 07 / 20 ( Sun )
さてさて、ここに来てベネッセの情報漏洩の問題がマスコミに大きく取り沙汰されています。しかしこの類の問題は今までも山程ありました。ウイルスの問題もあります。インターネットが便利で重宝なだけに利用の輪が広がり、おまけにPCもネット接続以外にも家庭の情報管理に使用が浸透してきました。ここが、ハッカーの狙い目にならないはずがありません。こうして遠大な無法地帯が出来上がったのです。ここから得られる甘い汁は、かつて犯罪者が想像し得たものではありません。しかもガードが甘い。オレオレ詐欺がまかり通る世の中ですから、ネット犯罪はもっと簡単。潜在的被害者は今現在でも恐ろしい数に上るでしょう。PCがネットに接続している以上、避けられない危険であるとも言えます。個人に届くスパムメールの件数を見ても解ります。毎度お馴染みの口説き文句から、最近では大分手の込んだ笑えないものまであります。騙す方も必死です。一万件に一件でもこの手の詐欺が成功するなら、仕掛け手の思惑は功を奏したと言って良いでしょう。それらを避けるため、各ウエブサイトではやたらと認証が求められます。これがやっかい。何で新聞を読むのにIDとパスワードを入力するのか。それ以前に自分がアクセスしたいサイトにログインするために長い登録の手続きが必要です。なんだって、こんなに苦労が必要になったのでしょう。それでも情報は漏出します。これが今のネットの現状ですね。だからインターネットは無くなります。これだけのシステムですから、一晩で消えることは無いでしょうが、急速に消滅しますね。ネットが無くなる訳では有りません。よりユーザーに金銭的には負担を強いる形で存続するでしょう。しかしネットの便利さを一度知ってしまったからには、多少の情報提供料は惜しまないでしょう。電話代や、新聞代と同じですから。そうしてよりクローズなネットへと向かうのです。しかし、そこでは安全が保証され、やっかいな認証作業も必要ないでしょう。言論統制も表向き無いはずです。そのクローズネットをチョイスしたことを除けば。
スポンサーサイト
00 : 00 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<FT5ZM | ホーム | インターネットの終わり(Ⅰ)>>
コメント
----

なかなかです。星新一もちょっとうならせるでしょう。ブラックユーモアにしかなりませんね、此の世の中は。
by: lnw * 2014/07/20 01:10 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2175-7c479f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |