休肝日?
2014 / 06 / 08 ( Sun )
私としては休肝日の必要性については、疑問の点も多いです。特にアルコールを抜くという点では疑問が更に深まります。軽い飲酒では休肝など不要ではないかと常々考えています。脂質や糖質は肝臓に負担は掛けていないのでしょうか。もし本気で休肝とかいうのなら、絶食絶飲の日を作るべきだと思うのです。したがって私にとっては休肝日は、自分がアルコール依存の体質になっていないかの確認のために有るようなものです。最近は飲酒量も減ってきたし、それでも飲まない日は無いので。単なる習慣にしてはお金も掛かりますので、心身のリラックスとか少しは効果も期待します。どちらにしても依存症は良くないでしょう。そういった理由も有り、一年とか半年に一度ですがアルコールを絶った期間を設けています。一月飲まない時も有れば三日坊主のときも有ります。それでいいと思っています。止めるつもりは毛頭有りませんから。今年も止めています。今日で六日目です。いつまで止めるかは考えていませんが。体調に変化は無いですね。便秘気味なところの変化も有りません。睡眠は少し変わったけど、これは生活習慣を変えようという意識下のコントロールが大きいように思います。まだ幻覚とかも無いし、今のところ依存の兆候は無いようです。30代、40代の溺れるように飲んでいた頃はアル中のように幻覚など見たことも有ります。怖くても体が動かせない金縛りの経験もしました。一過で終わったようです。あのときの怖さは忘れません。でも酒を止めようとは思いませんが。
スポンサーサイト
07 : 50 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<タイトルなし | ホーム | 椅子の具合が、、>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2159-5ab96876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |