USBケーブルの種類
2014 / 05 / 15 ( Thu )
以前にも何回か書いたが、USBケーブルには色々種類があって頭が混乱する。アップル系は充電とデータの読み書きが何時も一緒だが、アンドロイド系は別のようで、同時に行えるケーブルは充電電流が1Aに制限されるらしい。アンドロイドタブレット等で機器の要求電流が大きい場合でもデータ通信を同時に行う場合には、急速充電は出来ないらしい。充電専用ケーブルが必要と言うこと。アップル系でもこのケーブルが細いと2A流せないので、充電には時間が掛かる。充電器も色々あって、iphonとipadでは1Aと2Aの違いがあるし、市販の充電器も色々なので注意が必要。2A口が一つで他は1A口という充電器がほとんど。そういったものは2A口の位置が書いてあるのでそこを使う。総合計で5Aくらいの充電器が多いようだ。私の持っている充電器は接続された機器の要求電流を感知してどの口からでも2A流すようになっている。しかし同時に流せるのは二口までで、合計電流には制限がある。5Vしか電圧は無いのだから、いっそ合計で10Aとか20Aの製品は出ないだろうか。20Aでも計100Wだ。後出しでこれから出るだろうな。
スポンサーサイト
00 : 00 : 33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<CDなど買ってしまった | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2137-204dcdd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |