歩行器交換
2014 / 01 / 18 ( Sat )


先日紹介した室内用歩行器だが、ぐらついて安定性が悪いため交換した。始めこんなものかと思っていたが、療法士の方がこれはおかしい、と言うのでレンタル元へ連絡して貰った。すぐに交換。今度は大分しっかりしている。しかし前回も書いたが、製品は非常に軽量だ。素材は大部分がアルミである。これに体重が掛かって室内を引き回されるのだから、素材に掛かる力も半端ではないはず。ほとんどの部材はパイプだが、貫通した穴がいくつもある。これらは加重と応力で少しずつ広がっていくだろう。これがガタの原因だろう。機械いじりを少し経験すれば、この超軽量の器具の耐久性はすぐ分かる。買い取りで一代使ったら廃棄されていくものなら良いかもしれないが、レンタルで使い回すのは、よほどのチェックが入らない限り危険だと思う。レンタル会社の、まるで坊やのような社員には分かるまい。
スポンサーサイト
15 : 51 : 50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<置物? | ホーム | ハバネロ その後>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2042-cb8d5d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |