アップルパイ
2013 / 12 / 06 ( Fri )
自家製アップルパイ

頂き物とか有りまして、あまり美味しくなかった我が家のストックが消えます。アップルパイに変身です。私の子供の頃の印象ですが、アップルパイや、焼きリンゴと言ったデザートは嬉しくないものの一つでした。多分、リンゴが安くポピュラーな果物だったのでしょう。母親の力作を結構ないがしろにしていたようです。バナナとかパイナップルの方が嬉しかった記憶があり、未だにトラウマが残っています。ともかく自家製のパイへと変身したわけです。これが美味い。甘さが控えめで、シナモンの香りが立っています。本来ならばリンゴをいただいたおうちにも、せめて一切れずつはお届けしたかったのですが、気付いたときには残りがありませんでした。見栄えは良くないし、写真に至っては何が何だか分かりませんが、腹一杯いただきました。
スポンサーサイト
00 : 01 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<採算はばっちりです | ホーム | またまたカメラ!!>>
コメント
----

いやはや、リンゴについては、同感です。どうして、こんな物熱を加えてしまうのか、外国人のやる事が理解できませんでした。未だにその感覚を全て消し去る事は出来ていません。やはり日本人なのでしょう。生で食べられるもの。優しい味が自然の儘でついている物に、事も有ろうか、砂糖をこれ見よがしに入れて、それも煮たり焼いたり。とても理解できません。今でも味覚の敏感さは、日本人に勝る人種は居ないのではないかと思うくらいです。和食が、世界無形文化遺産になる訳ですが、本当に彼らに理解できているのでしょうか。未だに疑問です。貴方の好きなドライフルーツについては、一生私は理解できませんが、若し食料がなくなってしまう時が来れば、非常食なら許す事も出来るかも知れません。私にとっては、其処までして、どうしてフルーツを食べなければ行けないのか、だって旨くも何ともないです。口に入れてはき出す事はないですがね。
by: lnw * 2013/12/06 04:22 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/2007-92da00e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |