頭上の窓
2013 / 01 / 27 ( Sun )

私のベッドはレイアウト上、頭上にベランダに続く窓がある。この窓は寝ていても両腕を上げれば、ベッドボード越しに開けることが出来る。暑がり(持病のせいかも)の私にとって、これほど貢献してくれる窓もない。この気温でも私にとっては暑くて寝られない晩があるが、ここを10cm開けると、表の冷気が入ってきて快適だ。窓が空いた瞬間から気温差20°位の風が吹き込む。横向きに寝ていれば、背中まで冷える。あまり快適でそのまま寝てしまう時さえある。さすがにその時は1時間ほどで下半身の寒さで目が覚める。カーテンがしっかりした遮光の厚手のものなので、これはめくってやらないと効果激減だ。しかしこれでも日が差すと、東向きのこの部屋は日照で風も温まり、効果半減だ。風のない日は暑い。このまま春、夏になったら気温も上昇して、蒸し焼きになるかと思ったが、そこはまだ体の方で調整してくれるようで、どうにか寝られるから不思議。しかしこの隙間には感謝。カーテンを押さえているのは、外から引き込んだ無専用の同軸ケーブル。今はアンテナが接続されていないので、もっぱらこのようにカーテン抑えとして重宝している。
スポンサーサイト
03 : 40 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<週刊誌を買ってきました | ホーム | LoTW (無線をやっていないと、チンプンカンプンでしょう)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/1761-f722e54e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |