2012 / 09 / 23 ( Sun )


以前の写真ですが、こそ泥に割られた窓です。見事にクレセント周りが割られています。この泥棒は他で警察に捕まり、余罪追及でここの事も下呂したそうです。私の所には現金等は無く無線機だけですから、盗んでも処分のしようが無く何も盗らずに諦めたようです。しかし被害は弁償されません。コンテナのガラス程度では、ガラス屋さんも来てくれず、修理のしようがありません。窓枠を持ってガラス屋に行くくらいでしょうか。何度補修してもこの窓は裏道に面しており、人通りもまったくないため、危険極まりないです。

IMG_0002_R_20120329071828.jpg

その後、弟の賢ちゃんがベニヤで窓を塞いでくれました。今回補修した部分です。しかし、賢ちゃんのおかげでここまでは無事に来ました。感謝です。しかし窓を半分しか覆っておらず、無防備な面も否定できません。
この際今回は友達の提案も有り、この面は完全に塞いでしまう事としました。この窓は西向きで今までも遮光カーテンを閉め切っていたので、問題有りません。
スポンサーサイト
14 : 06 : 22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<那須への旅行 | ホーム | 泥棒に割られた窓、補修完了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/1661-bee7d82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |