馬鹿な話
2011 / 12 / 11 ( Sun )
いつも思うのだが、役所って、余りに馬鹿すぎる。世間でも最も能力のない人間を集めて運営しているのに間違いない。それを正そうとして、まともな人間が介入していくのは容易なことではないだろう。
私は致し方ない理由で介護を受ける立場の人間だが、そうした中、役所の矛盾がよく見える。先日来た手紙、介護保険の有効期間が終了するので、更新手続きをしろという。これもそもそもおかしな話なのだが、それは置いといて、手続きを郵送で済まそうとする。封筒は自前だ。宛名が、
町田市原町田5-8-24 健康福祉会館分館 町田市役所いきいき健康部 介護保険課 認定係 だそうだ。
今時、郵便番号だけ書けば思いの所に届く制度もある。しかもこちらは何かの理由で介護を受けている身の上だ。この長い宛先を書かせて寿命でも縮めてくれるのだろうか。余程の馬鹿でないと思いつかないくらい、凄いことだ。民間でこれをやったら、速効お払い箱だ。何事もこういった流れで仕事が進んでいって、誰も疑問とか、問題意識を持たないのが、お役所やいわゆる公的機関なのだろう。
ちょっと腹が立ったので、一言。
スポンサーサイト
14 : 42 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<勘弁してよ | ホーム | 秋の景色>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://billy33.blog109.fc2.com/tb.php/1541-84a8fdd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |