リファレンスのスピーカー
2014 / 05 / 31 ( Sat )


比較対象が無いとスピーカーの善し悪しが判断できません。世の中で最も多く使われているだろう、FOSTEXのスピーカーエンクロージャーと一番安い8cmフルレンジスピーカーを選びました。ほとんど完成品で箱にSPを付ければ完成です。箱にはターミナルも、配線も吸音材も既に付いています。バスレフです。本当に小さなシステムですね。まだSPをねじ止めしていません。今後これをリファレンスにああだこうだと言いたいと思っています。SPは8cmにこだわって、この小ささでどこまで出来るのか。これだけのセットで5千円でおつりが来そうです。合板は10mm厚でした。7月下旬に作る予定の2wayバスレフも多分10mm材でしょう。雑誌の付録ですから、コストダウンのために。もう一台本命のバックロードは15mmのベニヤかパーチクルボードの予定です。

IMG_0076.jpg

ねじ4本で木スピーカーを取り付けて完成です。所がねじの下穴を開けようと思ったら、ドライバードリルが見つかりません。
刃はあるのに。パーチクルボードといえど、これに直に木ねじで穴を開けるのは今の私には無理。息子が帰るのを待ってやってもらいました。スピーカーとボードの間にはクッションが入っているのですが、これがずれる。位置を合わせて対角線に木ねじで止めてもらいました。スピ-カーコードは一組作ったので、後はUSB-Bの入力ケーブルがあれば完成です
スポンサーサイト
00 : 00 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>