買い物はワールドワイドの時代
2014 / 02 / 28 ( Fri )
無題

大きな買い物は少しでも安くあげたいのがお決まりだ。また、外国製品などを求めるとき現地で買えればきっと大幅に安いかも。ただし、リスクが伴います。サイズ、色柄、保証、修理とか。運賃、関税等も解りにくいです。しかし案外それらのリスクをかわす方法もあります。また品物によっては、そういったことを考えずに済むものもあります。私もアメリカのオークションサイトで買い物をした経験上、日本で希少価値があるものをかなり安く手に入れ、支払もPAYPALで簡単に済ます事が出来ました。大きなwebsiteは、ほとんどが日本語に対応していますし、送料、関税についても説明があります。安心して買い物が出来る仕組みが完備していると言って良いでしょう。
さてさて、国内で買い物をするなら、一度は”価格COM”を使った事はあるでしょう。購入しないまでも、買いたい商品の流通価格を知っておくのに最適です。最近の量販店や、家電店はwebの価格にも対処してくれるところが増えています。この話は後で、、。
今日は世界のAmazonの販売価格を比較するサイトです。日本を始め9カ国のAmazonで、探している品物がいくらで売られているか解ります。勿論そのサイトで購入も可能です。リスクを考えるのと、納期がAmazonと言えど、国内のようには行きませんので。
スポンサーサイト
09 : 27 : 18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>